不動産はどうか

投資

資産形成として不動産を組み込む場合の手段。購入、REIT、EFT、投資信託を考える。

スポンサーリンク

不動産投資

不動産での投資のイメージ

不動産投資というと借り入れを行い、不動産屋に預けて人に貸すイメージだけが強かったです。

現状不動産投資を行うとしたら、下記になると思います。

  • 自身で不動産を購入して運用していく。
  • 不動産を運用しているREITを購入する。
  • REITをまとめたETFを購入する。
  • REITのETFに合わせた投資信託を購入する。
  • バランス系の投資信託を購入する。

それぞれわたしが考えるメリットとデメリットを述べていきます。

不動産を実際に購入

運用利回りは購入す物件によるのでなんとも言えませんが平均実質利回り4~5%どになるのではないかと思います。
※借り手が途切れなかった場合

デメリットは分散されないため、その物件になにかあると終わりです。
また、売買の手間なども多くすぐに手放すこともできません。

メリットは一番大きものはレバレッジが大きくかけれることだと思います。
ほとんどの人はローン購入になると思いますが、その場合銀行からそこそこの利率でローンが組める事で普通とは比べれないほどのレバレッジがかけれます。

REITを購入

市場で出回っているREITを証券会社で購入する方法になります。

メリットは株式と同じ管理ができるや、利回りが高いものが多く存在する事などになります。
また、オフィス・住居・商業施設ホテルのような形でテーマ的に運用されている物が多いため好みのものに選んでなんかもできます。有名なのでは大江戸温泉とか星野リゾートなんかが有名ではないでしょうか。

デメリットはまだ分散が少ない部分になると思います。個別株的な位置づけです。

REIT系ETFを購入

各REITを一定割合で保持して運用しています。海外の不動産を集めたものもあります。

メリット株式よりは利回りがいいです。また海外不動産などにもアクセスできるため分散は申し分ないです。

デメリット、米国ETFなどで売っているものは違いますが、日本のETFは単価が高く購入枚数単位が10枚のものなどもあり購入資金が高いものがあります。この辺は不動産以外にも日本のETFの全般的なデメリットでもありますが。

REIT系投資信託を購入

REITテーマの投資信託を購入していくものになります。

メリットもデメリットも基本的に投資信託とETFそのままなので、下記を見ていただければと思います。

バランス系の投資信託を購入

REITだけでなく他の資産を含めて運用していく投資信託を購入する方法になります。

勝手にリバランスも行ってくれるためきちんと資産の割合を調整したい人にはおすすめです。

下記を参照していただければと思います。

まとめ

上で書いた順にリスクが高くリターンも同じく高くなると思います。

特に自身で購入するパターンは片手間でやるには難易度高いですが、成功して大きく資産を作られてる方もいますし、日本だけでなく米国不動産での成功者などもいます。

しかし、わたし的にはせいぜいRIETを直接購入からのパターンでしか参戦できないです。

不動産だけに注力していくのでなければREITを買うか、EFTを買うか投資信託を買うになると思います。

資産を今から積み立てるのであれば手軽にはじめて積み立てやすい投資信託に結局なるかなと思います。

配当が欲しいときは仕組み的にタコ足配当にならないRIETか日米のEFTを購入していくことになると思います。
※あえて投資信託で買おうとしてるのがありますが、資産形成のためでないので除外。

RIETも投資先資産としてしっかり組み込んで行くのが大事だと思っています。
※株式と債券だけ派などいろんな方針があるのはもちろん知っていますが。

以上、参考になれば!

投資は自己責任で

タイトルとURLをコピーしました