【買った】cocopar2019最新モバイルモニター

その他

増税直前にUSB type Cで接続できるモバイルディスプレイが欲しかったので思い切って買いました。簡単にレビュー。

スポンサーリンク

性能

商品重量499 g
画面サイズ13.3 インチ
解像度1920×1080
入力HDMI
USB Type C

重量はカバー抜きの重量のためカバーも入れると900gほどになると思います。
※正確に測ってないためおおよそですが、本体より軽いですが似たような重さです。

開封

上の紙はAmazonレビュー書いたらスタンドプレゼント! てなってました。

※箱を捨てる時に忘れててそのまま捨ててしまいました…

付属品は買ってからそのまま使えるレベルで入ってます。

上はTypeC-TypeCのUSBケーブルとTypeA-TypeCのUSBケーブル
片側がTypeAのやつは左下の充電器でも使える充電用だと思われます。

左下のケーブルはイヤホン延長コードです、

右下のはHDMI-miniHDMIケーブルで本体側がminiHDMIです。

画面正面にして右下の方

左からイヤホン口、USB TypeC、miniHDMI

画面側から左側

下に白いテープみたいなのは画面についてたフィルムカバーを剥がす前だったため割愛。

上から電源ボタン、上下(+と-)選択できるmenu、最後にUSBtypeCの入力電源です。

使ってみて

ThinkPad T480に接続して 最初映らなくて焦ったけど問題なかったので下記をメモとして。

給電して映るまで2秒ほどかかります。別に持ってるモバイルディスプレイより映るまでに時間かかって焦りました。

入力はHDMIとTypeCが選択できます。

操作の方法が何も入ってないので下記にまとめておきます。

電源ボタン1回押すと入力選択画面。入力が1系統しかつながってない場合は変更しても何も起きません。
切り替えるときはボリュームの上下で変更。

電源ボタンを5秒ほど押せば電源OFF。

ボリュームは一度menuを下にしてmenuを上下するだけ。

明るさはは一度menuを上にしてmenuを上下するだけ。

表示してる情報を消すのは、電源を1回押すか時間が経てば消えます

給電は左右のTypeCの両方でできます。左から給電して右から繋げば給電できたのですが映らなくなってしまいました。原因は不明ですがそのような使い方はしていないため今のところは問題ないです。

ノートPCから繋ぐときはTypeC1本で繋げれるのは大きいです。

値段の割には現状は良さそうです。中華製のモバイルディスプレイは似たようなのもいっぱいあるためとりあえず選んだものになりますが現状では満足しています。

タイトルとURLをコピーしました